(238,529 - 8 - 426)

会長挨拶

高知県医師会のホームページにようこそ。
 私ども医師は、医業を生業(なりわい)とはしていますが、「医は仁術」を貴び、病める人々のために、共に、病気と闘い、尽くすことを誇りとしています。
そういう医師の集まりが医師会です。
昨今では、マスメディアによる医師会バッシングのために、医師会の真意が皆様に伝わり難くなってきています。悲しいことです。
 医師会は、皆様の健康を守ることを一義としています。
 「何時でも、何処でも、誰でも」という、国民が、等しく、医療を受けられるという、すばらしい日本の皆保険制度を、何としてでも、守らなければなりません。そのために、医師会は、一生懸命、頑張っています。
 これから、ますます、外からの導入圧力が増すと考えられる混合診療や株式会社による病院経営を許してしまいますと、折角の皆保険制度が崩壊し、お金のある人だけがより良い医療を受けられるという、差別や格差が当たり前の社会になってしまいます。
 どうか、皆さまには、医師会に対する偏見を捨てていただき、医師会と一緒に、日本の医療を守って行っていただきたいと願っています。
 本ホームページが、皆さまの医師会に対するご理解の一助となりますことを祈念しています。

平成24年4月
(おかばやしひろき)
高知県医師会  会長 岡林 弘毅
                          

高知県医師会 定款

詳しくはこちら(PDF)

沿革

 高知県医師会は、1947年(昭和22年)11月1日に、国民医療法の一部改正が実施され、同日付をもって旧医師会が解散されるのとともに、社団法人・新生医師会として設立され、1997年(平成9年)に50周年を迎えました。
 平成22年3月23日より、高知市鷹匠町より同丸ノ内へ医師会館を新築移転しました。
 また、公益法人制度改革に伴い、平成25年4月1日より、一般社団法人 高知県医師会となりました。
 日本医師会は、単に医師が集まった職能団体ではなく、会内に日本医学会を置き、医学に関する科学・技術の研究促進を図り、医学・医療の水準向上に寄与している学術団体であります。
 医師会会員の英知を結集し、医の倫理・論理を持って提言・行動し、国民の健康福祉・生活福祉を向上させることを目的としてさまざまな事業活動を行っています。

基本方針

平成28年度 高知県医師会事業計画基本方針
詳しくはこちら

事業の概要

基本方針に沿って、県民のために以下の事業を推進しています。
詳しくはこちら

高知県医師会役員(平成28年6月11日〜平成30年6月定例代議員会終結時)

高知県医師会役員はこちら

高知県医師会役員職務分担

高知県医師会役員職務分担はこちら

このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2017 一般社団法人高知県医師会All Rights Reserved.