(451,464 - 466 - 479)

高知県の周産期医療体制の現状と近い将来

The present and near future of the perinatal care system in Kochi Prefecture

吉川 清志
Kiyoshi Kikkawa

Key words: 周産期医療,新生児死亡率,分娩施設の減少,人材確保
Key words: perinatal care system, neonatal mortality rate, decrease in obstetric care units, securing of neonatal care staff
要旨
日本の母子保健関連指標は世界でもトップクラスを維持しているが,各地の周産期医療現場では多くの問題に直面している。即ち,産婦人科医・小児科医(特に新生児科医)の不足,1次分娩施設の減少と2次3次医療機関の飽和による受け入れ困難,医療的のみならず社会的ハイリスク妊婦の増加などがある。これらの問題は医療現場のみの努力では解決困難である。高知県でも同様であるが,医師確保などで光が見えている点もあり,高知県の現状について報告する。

Abstract: The present and near future of the perinatal care system in Kochi Prefecture is considered. Many dif ficult problems exist: a high neonatal mortality rate, decrease in obstetric care units, lack of perinatal care staff, and increase in medical and socially high-risk pregnant women. We must resolve these problems through cooperation with the administration, medical institutes, and citizens of Kochi Prefecture.
このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2018 一般社団法人高知県医師会All Rights Reserved.