(451,511 - 513 - 479)

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

Severe fever with thrombocytopenia syndrome in Japan

下島 昌幸
しもじま まさゆき Masayuki Shimojima

国立感染症研究所ウイルス第一部第一室

Key words: 新規ブニヤウイルス,マダニ,中国
Key words: novel bunyavirus, tick, China

要旨

 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は新規ブニヤウイルス(SFTSウイルス)による感染症で,致死率は約12%,主にマダニによって媒介される。発熱,消化器症状,血小板減少,白血球減少,血中肝酵素値上昇が主に認められる症状である。これまで中国でのみ報告があったが,国内で2012年秋に亡くなられた方が本疾患に罹患していたことが判明した。後方視的調査の結果,2005年―2012年の間に計12名の方が罹患し内8名の方が亡くなられていたことが明らかとなった。また,前方視的調査により,2013年における患者数は40名(内13名死亡)であった。いずれも国内で感染したと考えられ,病原体は以前から国内に存在していたと考えられる。患者は西日本でのみ認められているが,マダニ・野生動物・猟犬における調査はSFTSウイルスがより広く分布している可能性を示している。


Severe fever with thrombocytopenia syndrome (SFTS) is a newly discoveredtick-borne disease characterized by fever, gastrointestinal symptoms, elevatedlevels of liver enzymes in serum, and a high case fatality rate. The causativeagent of the disease is SFTS virus (SFTSV), a member of thefamilyBunyaviridae. While SFTS patients had been found only in China until 2012, aJapanese woman, who became illness and died in late 2012, was first shown tobe infected by SFTSV. In the following retrospective study, a total of 12patientswere diagnosed as having SFTS between 2005 and 2012 and 8 out of them werefatal. In addition, the prospective study found 40 patients in 2013 (13 were fatalcases). Genetic analyses showed that SFTSV detected in Japanese SFTS patientsform an independent cluster from Chinese SFTSV strains inphylogenetic trees,suggesting that SFTSV has been present in Japan for some time. All JapaneseSFTS patients lived in the western part of Japan, while in ticks, wild animals,and hunting dogs, SFTSV antibody/SFTSV genes were found in broader areas.
このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2018 一般社団法人高知県医師会All Rights Reserved.