(423,248 - 224 - 418)

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の1例

A case of severe fever with thrombocytopenia syndrome (SFTS)

中澤 梨佐  高橋  誠  安井  渉   山内 紘子  福留 恵子  稲田 昌二郎  川村 昌史  岡村 浩司
なかざわ りさ Risa Nakazawa

高知県立幡多けんみん病院 内科

Key words: 重症熱性血小板減少症候群(SFTS),ダニ媒介感染症
Key words: severe fever with thrombocytopenia syndrome, tick-borne diseases

要旨

【症例】70歳台,男性【主訴】全身倦怠感【現病歴】糖尿病,過活動膀胱にて近医A通院中。山に野鳥観察に出かけ,帰宅後より全身倦怠感が出現。同日近医B受診。経過観察を指示され帰宅。帰宅後に下痢出現。翌日より呼吸苦,全身倦怠感の悪化を認め,さらに翌日に近医A受診。WBC・PLTの低下,AST・ALT・LDHの上昇を認め,精査加療目的に当科紹介となり,同日入院。リケッチア感染症やVAHSの初期などを念頭に置き抗菌薬治療開始するも効果なく,他疾患の各種精査を継続するも有意な所見は得られなかった。経過は芳しくなくmPSLパルス療法を追加したところ,WBC・PLTは回復傾向となったがAST・ALT・LDHはさらに上昇した。しかし経過中,CRPについてはごく軽度の上昇に留まった。その後全身状態はさらに悪化しMOFに陥り,人工呼吸器管理や血液持続透析など集中治療を行ったが入院5日目に永眠された。後日,血清,全血からSFTSウイルスが検出され,最終的にSFTSと診断した。【考察】本症例では他のデータの動きの割にCRPの上昇が殆ど認められなかった。ダニが媒体した感染症と疑われる症例で,CRPの動きがわずかな場合には当初からSFTSの可能性も考慮した対応が必要かもしれない。SFTSは未だ症例数が少なく,詳細な治療経過が報告されたものも少なく,今後の症例の集積が期待される。

Abstract: Male, seventies of age. General fatigue. General fatigue, consequently diarrhea and difficulty in breathing appeared after bird watching. On the third day illness, he visited the clinic A. The laboratory tests revealed low WBC and PLT and elevated AST, ALT and LDH and he was referred to our hospital. He was treated with antibiotics for possible rickettsial infection, but with no effect. Despite of next treatment with pulse mPSL, transaminase progressively elevated while serum C-reactive protein (CRP) remained in low value. Thereafter the patient’s physical status worsened rapidly. On the sixth day, because of multiple organ failure he was transferred to the ICU and required both mechanical ventilation and continuous hemodialysis. On the seventh day, he died. Viral genome of SFTS was detected in the patient’s serum and the definitive diagnosis of SFTS was obtained. In endemic area, SFTS should be suspected when we see febrile patients with possible tick-bites who present with consistently low CRP value.
このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2018 一般社団法人高知県医師会All Rights Reserved.