(451,431 - 433 - 479)

末梢動脈疾患に対する骨髄細胞移入療法の中長期的評価

Long-term outcome of bone marrow implantation therapy for peripheral arterial disease

前田 博教1)   西森 秀明2)  栗山 元根2) 吉田 行貴2) 渡橋 和政2)
まえだ ひろのり Hironori Maeda

1)高知県立あき総合病院院長,2)高知大学医学部外科学(外科2)

Key words: 末梢動脈疾患,骨髄細胞移入療法,バージャー病,血管新生
Key words: peripheral artery disease, bone marrow implantation, Buerger’s
disease, angiogenesis.

要旨

 閉塞性動脈硬化症(ASO)や閉塞性血栓血管炎(TAO)などの末梢動脈疾患(PAD)に対する治療としては,薬物治療,さらにはカテーテル治療また外科的バイパス手術などが選択されているが,壊疽を合併する重症例では治療に難渋し,肢切断に至る症例も多くみられる。骨髄細胞移入療法は,虚血部位に自家骨髄細胞を注入することで血管新生を惹起し,症状改善を図るという新しい観点から生まれた治療法である。我々は2002年に本治療法を開始し,これまでASO 3例,TAO 11例の計14例に本治療法を施行した。うち12例(86%)に症状改善を認め,特にTAOでは,全例において潰瘍治癒を含む治療効果を認めた。改善例では,長期フォローにおいても症状再燃は認めておらず,中長期的にも効果が維持されているものと考えられた。

Abstract: In the present study, efficacy and safety of clinical bone marrow cell implantation (BMI) therapy on peripheral arterial disease was evaluated. Fourteen patients were qualified for our study: 11 patients with thromboangiitis obliterance (TAO) and 3 patients with arteriosclerosis obliterance (ASO). In all the cases, rest pain was relieved within 1 week. Tissue blood flow levels determined by laser doppler flowmetry, thermograph and angiography improved apparently within 4 weeks. Two patients with ASO underwent below knee amputation of the leg because of uncontrollable osteomyelitis and rest of the patients had good prognosis after this therapy. From the observations obtained in mid to long-term follow up, BMI therapy is considered effective for improvement of local blood flow especially against TAO.
このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2018 一般社団法人高知県医師会All Rights Reserved.