(423,261 - 237 - 418)

夜間頻尿の病態分類と対策

Nocturia; pathophysiology and treatment modalities

中尾 昌宏 
なかお まさひろ Masahiro Nakao

四万十市立市民病院 泌尿器科

Key words: 夜間頻尿,病態分類,排尿日誌,治療法
Key words: nocturia, pathophysiology, bladder diary, treatment modality

要旨

 夜間頻尿は下部尿路症状の中でも最も頻度が高くかつQOLも低下させるため,臨床的にも重要な病態である。その原因は24時間多尿,夜間多尿,膀胱容量低下および睡眠障害に4分類される。排尿日誌はこれらの因子を解析して適切な治療法を選択するために有用である。治療に際しては,夜間頻尿によるQOLの低下と治療法に対する希望を十分考慮する必要がある。

Abstract: Nocturia, one of the lower urinary tract symptoms, affects health-related quality of life(QOL) and is thought to be an important disorder in elderly people. Twenty-four hour polyuria, nocturnal polyuria, decreased bladder capacity and sleep disorders are main factors to decide number of nocturnal voiding. Bladder diary is useful for physicians to evaluate these factors and decide effective therapeutic method. Physicians should also ask patients about impaired QOL and preferred treatment modality to decide suitable treatment strategy.
このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2018 一般社団法人高知県医師会All Rights Reserved.