(451,498 - 500 - 479)

ご挨拶

高知県知事 尾 正直

本文

高知県医師会医学雑誌第20巻発刊を心からお喜び申し上げます。
 高知県医師会会員の皆様におかれましては、医療に対するニーズが多様化する中、地域の医
療を守り、より良い医療サービスを提供するため、熱意と探究心を持って日々研鑽され、ご尽
力いただいておりますことに深く敬意を表します。
 また、日頃から、本県の保健、医療、福祉行政に多大なるご支援とご協力を賜っております
ことに心から感謝申し上げます。
 団塊の世代が全て後期高齢者となる2025年に向けて、慢性的な疾病や複数の疾病を抱え
る患者の増加が見込まれる中、急性期の医療から在宅医療、介護までの一連のサービスを地域
において確保していくことが大変重要であります。
 このため、国におきましては、「社会保障と税の一体改革」の一環として効率的かつ質の高
い医療提供体制や、地域包括ケアシステムの構築を通じて、地域における医療と介護の総合的
な確保を目指し、「地域医療介護総合確保推進法」が昨年6月に制定されました。
 これに伴い、医療機能ごとの病床数の必要量などを含む地域の医療提供体制の将来のあるべ
き姿を示した「地域医療構想」を県において策定することとしておりまして、構想の策定に当
たっては、地域の実情に応じたものとなりますよう、検討段階から医師会の皆様のご意見をお
聞きしながら進めていきたいと考えております。従来にも増して医師会と行政との連携を密に
した取組が必要になってまいりますので、今後とも、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。
 さて、県では、県民が健やかで心豊かに、支え合いながら生き生きと暮らすことができる県
を目指して策定した「日本一の健康長寿県構想」に基づき、各種の施策を進めてまいりました。
 医療環境を守り育てる取組には、県民の皆様から強い期待が寄せられておりますことから、
医師をはじめとする医療従事者の確保、連携による適切な医療体制の確保、また、救急医療体
制の整備など、本県の医療を取り巻く様々な課題の解決に向けて、毎年度、構想の見直しを行
い、バージョンアップする中で、こうした取組を一層加速しているところです。
 今後も「高知家」の家族の皆様が、住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができます
よう、本県の保健、医療の発展にさらなるご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 最後になりますが、高知県医師会のますますのご発展と、会員の皆様方のご健勝、ご活躍を
心からお祈りいたしまして、ご挨拶とさせていただきます。
このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2018 一般社団法人高知県医師会All Rights Reserved.