(451,442 - 444 - 479)

リンパ浮腫とはどんな病気?

四国がんセンター 形成外科
河 村  進
Susumu Kawamura
Key words: リンパ浮腫の病態,リンパ浮腫の病期,リンパ浮腫の早期発見
Key words: Conditions of Lymphedema, Stages of Lymphedema, Early Detection of Lymphedema

要旨

リンパ浮腫とはリンパ流が阻害されて主に上肢,下肢に浮腫を生じる病態である。その中でもがん治療後の続発性リンパ浮腫は発生前の説明と早期発見が特に重要となる。リンパ浮腫はがん治療を受けた全ての患者さんが発症するわけではないが一度発症すると治りにくいという特徴がある。軽症であれば自己管理で普段の生活を問題なくおくることができるが重症化すると生活に支障を来してしまう。そのため,症状の早期発見と早い時期からの治療開始が病状の悪化を防ぐ上で重要となる。

Abstract

Lymphedema is a condition that occurs edema mainly in the upper limbs and lower limbs are inhibited lymph flow. The explanation of the conditions before it occurs and early detection of secondary lymphedema after the cancer treatments are particularly important. While not all patients that receive cancer treatment suffer from lymphedema, the condition can be difficult to recover after an initial occurrence. In mild cases, normal lifestyles can be resumed with self-management. In severe cases, lymphedema interferes with lifestyle. Therefore, the early detection of lymphedema and initial treatment in the early stage are important to prevent the symptoms worsening.
このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2018 一般社団法人高知県医師会All Rights Reserved.