(423,235 - 211 - 418)

H P V 関連癌の予防と治療

自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授
今 野  良
Ryo Konno
Key words: HPV(ヒトパピローマウイルス),子宮頸癌,頭頸部癌,ワクチン
Key words: HPV (human papillomavirus), cer vical cancer, head and neck cancer, vaccine

要旨

子宮頸癌は,その原因がHPV(Human papillomavirus)であることが解明されている癌である。さらに,中咽頭癌,肛門癌,外陰・腟癌,陰茎癌もHPV関連癌としてその予防と治療にアプローチすることが始まっている。子宮頸癌には検診とHPVワクチンという二つの大きな予防ツールがある。しかし,日本ではどちらも低迷していると言わざるを得ない。その背景には,日本独自の問題がある。公衆衛生としての予防接種政策とがん検診の充実を徹底的に行うことが必要である。国際的にも大きな課題と捉えられている。一方,中咽頭癌などでは,HPV陽性癌のほうが従来型の癌よりも治療に対する反応が良いなどの特徴があり,現在,治療法の改善が試みられている。

Abstract

The cause of cervical cancer has been clearly identified as HPV (human papillomavirus). An approach has been commenced for the prevention and treatment of oropharyngeal cancer, anal cancer, vulvar/vaginal cancer, and penile cancer as HPV-related cancers. There are two major preventative tools for cervical cancer: cancer screening and HPV vaccine. Yet both of these tools are weakly positioned due to a number of problems specific to Japan. For the sake of public health, Japan needs to be thorough in carr ying out a comprehensive vaccination policy and cancer screenings. This can also be perceived as a large issue on an international level. Among oropharyngeal cancers, etc., those that are HPV-positive cancers tend to have better treatment response than conventional (non-HPV related) types, along with certain other characteristics. Attempts are underway to improve the methods of treatment.
このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2018 一般社団法人高知県医師会All Rights Reserved.