(399,101 - 14 - 408)

癌患者における末梢血単球/リンパ球比の変動とバイオマーカーとしての意義

高知県立あき総合病院 院長
前 田 博 教
Hironori Maeda
Key words: 単球,リンパ球,癌進行度
Key words: peripheral monocyte, lymphocyte, cancer progression

要旨

生体での癌の進行は,腫瘍細胞側の増殖のみならず宿主側の反応が癌増殖また進展に関わっている。従来より癌進行に伴う変化の一つとして,末梢血白血球分画の変化,特に単球とリンパ球の量的変動が観察されている。本稿では乳癌また胃癌患者における,手術侵襲また化学療法等の影響のない初診時での末梢血白血球分画を検討した。白血球数自体は癌進行に伴う変化はなかった。しかし術前の単球分画は正常また良性腫瘍群と比較して各ステージともに有意に高く,癌の進行度が高くなるに伴い増加していた。逆にリンパ球分画は癌進行に伴い低下した。単球とリンパ球の比をとった末梢血単球/リンパ球比(Mo/Ly比)では癌進行群でより明らかに増加していた。ここではMo/Ly比の癌進行度との関係について自験例をもとに述べるとともに,バイオマーカーとしての意義についても論じる。

Abstract

Cancer progression is associated with host immune response as well as cancer cell proliferation. Clinical observations in differential peripheral leukocytes during cancer progression revealed increase in monocyte count and decrease in lymphocyte count, respectively. Monocyte-to-lymphocyte ratio apparently increased in association with tumor progression in breast cancer and gastric cancer. The monocyte-to-lymphocyte ratio is a readily available and inexpensive clinical value and could be a biomarker for tumor development.
このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2018 一般社団法人高知県医師会All Rights Reserved.